初めてのMacBook Air購入ブログ > MacBook Airが持ち運びに超便利な理由 > 持ち歩いている感想は?持ち運びに快適なMacBook Airの重さと大きさ

持ち歩いている感想は?持ち運びに快適なMacBook Airの重さと大きさ

持ち運びやすい重さとカバンにスッポリ入る大きさがうれしいMacBook Air

僕は、仕事柄、毎日MacBook Airを持ち歩いています。そんなわけで、友達や同僚から「MacBook Airの持ち運びってどうなの?重さは?大きさは?」とよく質問されます。

結論から言いますね。MacBook Airは、持ち運びに便利な重さと大きさの両方を兼ね備えたモバイルパソコンです。実際、不便なら、毎日持ち歩いたりしないですからね。

僕が愛用しているMacBook Airは13インチです。映像や写真のチェックをすることが多いので、作業スペースの広い13インチのMacBook Airを選びました

持ち歩いている感想は?持ち運びに快適なMacBook Airの重さと大きさ

13インチのMacBook Airの重さは約1.3キロ、大きさは幅が約33センチで、奥行きが約23センチです。重さは1.5リットルのペットボトル、大きさは雑誌をイメージしていただくとわかりやすいかな?

ちなみに、11インチのMacBook Airは、さらに300グラム軽くて、大きさもひと回りコンパクト。僕は、使い勝手を重視しましたが、持ち運びを最優先するなら、11インチのMacBook Airがおすすめです。

ときどき「1.5リットルのペットボトルをずっと持ち歩こうと思ったら大変じゃない?」と質問されることがありますが、MacBook Airを持ち歩くとき、MacBook Airを入れたカバンをいつも手に持っているわけじゃないので、実際、重さはそんなに気にならないです。

電車に乗っているときは、カバンをヒザの上に置いています。オフィスやカフェに行けば、カバンを机の上に置いているので、実際にMacBook Airの重さが気になる時間は、歩いているときだけですもんね。

僕は、MacBook Airの購入を検討している友達や同僚に重さや大きさについて質問されたら「MacBook Airに関して言うと、重さより大きさが購入のポイントになると思うよ」と答えています。

13インチと11インチのMacBook Airの重さの違いは300グラムなので、実は、あまり気になりません。逆に、大きさの違いは、持ち運ぶカバンと大きく関係してくるので、13インチと11インチのどちらのMacBook Airを選ぶかによって「荷物が増えた感じ」が変わってくるんです

いつも持ち歩いているカバンにMacBook Airが入れば「持ち運びの不便さ」は、ほとんど感じないはずです。逆に、大きなカバンを新しく用意する必要がある場合は「カバンが大きくなった分だけ、荷物が増えたなあ」と感じるかもしれません。

そんなこんなで、MacBook Airの持ち運びに関して言うと、重さより大きさを最優先すると「13インチと11インチのどちらのMacBook Airを選んだほうがいいかな?」の答えが見つかりやすいと思います。

繰り返しますね。持ち運ぶと言っても、いつもMacBook Airを手に持って歩いているわけじゃないので、重さの違いはあまり気になりません。持ち運びに関して言うなら、ポイントは大きさです。MacBook Airを収納できるカバンがあれば、男女を問わず、重さはあまり気にならないですよ。

公式サイト
初めてのMacBook Air購入ブログ > MacBook Airが持ち運びに超便利な理由 > 持ち歩いている感想は?持ち運びに快適なMacBook Airの重さと大きさ
購入前にココをチェック
購入後はココをチェック
Appleの購入に役立つニュース