初めてのMacBook Air購入ブログ > 絶対に押さえたいMacBook Airの購入ポイント > MacBook Airを購入するときカスタマイズは必要なの?

MacBook Airを購入するときカスタマイズは必要なの?

カスタマイズなしでもサクサク動くMacBook Airの魅力

MacBook Airの購入を検討している友達や同僚からよく受ける質問のひとつが「MacBook Airを購入するときは、カスタマイズして、メモリーとSSDの容量を増やしたほうがいいのかな?」です。

MacBook Airを購入するときカスタマイズは必要なの?

僕の答えはいつも決まっていて「プライベートで使うなら、カスタマイズしなくても大丈夫。インターネットや動画、メールのチェック、企画書やプレゼン資料の作成、ちょっとした映像編集や写真の加工なら、カスタマイズなしでも、サクサク動くよ」です。

もちろん、MacBook Airの購入資金に余裕があるなら、カスタマイズをして、メモリーとSSDを増やせるだけ増やしたほうが快適に使えます。でも「MacBook Airを安く購入したい」とお考えのユーザーのほうが多いですよね?カスタマイズなしでも特に問題ないので、ご安心くださいな。

僕は、13インチのMacBook Airを毎日プライベートと仕事で使っていますが、カスタマイズをしていません。カスタマイズをしなくても快適に使えるので、カスタマイズの必要性を感じないんです。

実際に、僕がMacBook Airを使って作業している例を挙げてみますね。

VTR制作に必要な映像と写真のチェック、仕事のやり取りに必要なメールの送受信とFaceTime(フェイスタイム)を使った打ち合わせ、ナレーションとテロップに必要な原稿の作成、リサーチのために必要なインターネットと動画のチェック。MacBook Airを仕事で使うときは、こんな感じです。

あとは、プライベートで趣味のホームページを更新するくらいかな?あ、写真も趣味なので、移動時間を利用して、撮影した写真をチェックしたり、リサイズしたり、編集したりするときもMacBook Airをよく使っています。

僕と同じような感覚で、MacBook Airを使う予定の皆さんは、カスタマイズをしなくても、MacBook Airを快適に使うことができますよ。プライベートでMacBook Airを使う予定なら、カスタマイズなしで問題ないです!

一方、大容量の映像編集や高画質の写真加工をする場合は、(アップルオンラインストア)でカスタマイズして、メモリーを8GBに増やしましょう。

ちなみに、本格的な映像編集や写真加工は、どれだけMacBook Airをカスタマイズしても限界があるので、Mac ProかMacBook Proを選びたいですね。

MacBook Airを使った映像編集や写真加工は、あくまで「ちょっとした映像編集と写真加工」を目安にしましょう。MacBook Airは「本格的な映像編集や写真加工」を目的に開発されたMacじゃないので、その点は、注意してくださいね。

おしまいに、カスタマイズが必要ないユーザーの皆さんは、アマゾンや楽天市場で購入するほうが安く手に入ります。僕が愛用している13インチのMacBook Airは、楽天市場で購入しました。定価販売が原則のアップルストアと比べて、1万5000円くらい安かったです!

そんなこんなで、節約した資金で、MacBook Airのデータをバックアップするための外付けHDDとMacBook Airを持ち運ぶためのカバンを買いました。我ながら、なかなかのファインプレーだったと思います。

MacBook Airのカスタマイズはアップルストアでしかできませんが、カスタマイズが必要ないなら、どこでもMacBook Airを手に入れることができます。あ、そうだ。MacBook Airはどこで購入しても、修理はアップルが担当してくれるので、安心です!

高額なMacBook Airだからこそ、ショップによって、大きな価格差が生まれます。

MacBook Airを少しでも安く購入したい皆さんは、アマゾンや楽天市場を上手に利用してみてはいかがでしょうか?1万円単位でお金を節約できれば、外付けHDDや保護ケースが買えますね。

アイテム検索
初めてのMacBook Air購入ブログ > 絶対に押さえたいMacBook Airの購入ポイント > MacBook Airを購入するときカスタマイズは必要なの?
購入前にココをチェック
購入後はココをチェック
Appleの購入に役立つニュース