初めてのMacBook Air購入ブログ > MacBook Air 2013モデル(13インチ)購入レビュー > 長持ちバッテリーに感動!13インチのMacBook Airは最大12時間持続

長持ちバッテリーに感動!13インチのMacBook Airは最大12時間持続

13インチのMacBook Airは最大12時間も使える大容量バッテリーを搭載

2013年6月に発表された13インチMacBook Airは、バッテリー持続時間が大幅にアップして、最大12時間に増えました!ひとつ前のモデルが最大7時間だったので、驚異的なアップです!

バッテリーの持続時間が大幅に改善され、さらに持ち運びやすくなったことが、1年前から「13インチのMacBook Airがほしいなあ」と狙っていた13インチのMacBook Airの購入に踏み切った大きな理由です。

バッテリーの持続時間が大幅にアップ

バッテリーの持続時間が最大12時間に増えたことで、1日外出するだけなら、電源アダプタを持ち運ぶ必要がなくなりました。インターネットやメール、文書の作成、ホームページの更新作業なら、電源アダプタなしでもバッテリーに余裕があるんです。

僕は仕事柄、1日に30分から60分くらい映像と写真をチェックしていますが、MacBook Airのバッテリーが一気に減ることはありませんので、ご安心を。逆に、MacBook Airのパワフルなバッテリーを実感できると思います。

僕のように、企画書や原稿の作成、資料のリサーチ、映像や写真のチェックがメインのユーザーなら、バッテリーが8時間は持ちます。インターネットとメールがメインの皆さんは、バッテリーが本当に12時間近く長持ちしますよ。

さらに、MacBook Airのバッテリーに余裕があるおかげで、愛用しているiPod touchをMacBook Airから充電することができるようになりました。

バッテリーを分け合える

MacBook Airの電源アダプタだけでなく、モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要がなくなったことも地味にうれしいです。

僕は、MacBook Air、iPod touch、ガラケーの3点セットしか持ち歩いていませんが、スマホの2台持ちをしている皆さん、タブレットとガラケーの2台持ちをしている皆さんは、MacBook Airの大容量バッテリーのすごさをもっと実感できると思います。

バッテリーの持続時間が大幅にアップした13インチのMacBook Airを1か月使い続けて「大容量のバッテリーを搭載しているMacBook Airを持っていると、荷物が地味に減って便利だなあ」と意外なメリットを実感する毎日です。

いつもノートパソコンを持ち歩いている皆さんは、僕が毎日体験している「MacBook Airの快適さ」をより身近に感じていただけると思います。13インチのMacBook Airは「パワフル」という言葉がピッタリなMacです!

公式サイト
初めてのMacBook Air購入ブログ > MacBook Air 2013モデル(13インチ)購入レビュー > 長持ちバッテリーに感動!13インチのMacBook Airは最大12時間持続
購入前にココをチェック
購入後はココをチェック
Appleの購入に役立つニュース